12/13 クムWS

レフアクラスのみゆきです。

13日はクムワークでした。

参加したHo'oulu I Ka Mehana O Ka Hulaのみんなそれぞれに感じたことがあると思いますので、いつもの如く個人的な勝手な感想になります。

今回のワークの曲はPua 'olena。

ワークでは新しい曲をいただく時にカラニ先生が曲の解説をしてくださいます。

今回は曲の解説を超えたカラニ先生やファミリーのヒストリー。

その中でこの曲が何故うちの教室にやってきたのか紐解けるような瞬間があって鳥肌がたちました。

きっと私が思うよりももっといろいろな事を深く深く考えて曲を選んでくださっているのですね。

振りの中にもカラニ先生が想いを込めたエッセンスなど、この曲の作者やミュージシャンはもちろん、ルーツやファミリー、今まで関わってきた人に対する敬意や愛情を感じました。

話の内容は公にするようなものではないな、と感じたので割愛させていただきますが、カラニ先生から話を聞いているのといないのとでは同じ振りで踊ったとしても全く違うものになるのでは?と感じるくらい大きな意味を感じるワークショップでした。

ワークの曲がPua 'Olenaに決まった時に中野先生のこの曲に纏わる思い出と繋がりの話を聞いて、一つ一つの出来事をあらゆるご縁と流れに感謝して受け取る先生の在り方が私たちにカラニ先生の愛するPua 'Olenaとのご縁を繋いでくださったのだろうな、と感じています。
先生、ありがとうございます。

カラニ先生が中野先生や私たちを信頼してこの曲を選んでくださり、大事な思い出をシェアしていただいた事が本当に嬉しいです。

その想いに応えられるように大切に踊らなければと思っています。

そして目標としているステージで感謝を込めて踊れますように。
プルメリアクラスのななちゃんのおかげでこんなに可愛い写真が撮れました♡

他にも色んな所でみんなの長所が光ってました!

本当に温かくていい教室です。

カラニ先生、中野先生、Ho'oulu I Ka Mehana O Ka Hulaのみんな、ありがとうございました〜。

Ho'oulu I Ka Mehana O Ka Hula

大阪は池田市、豊中市にあるフラ教室です。

0コメント

  • 1000 / 1000