はじまりの日

ハッピースポット(レフアクラス)みゆきです。

春分の日は久しぶりにホイケに出るメンバーが全員揃っての合同練習でした。
それぞれが主婦や仕事など二足や三足の草鞋を履くフラダンサー、合同練習とはいえなかなか全員が綺麗に揃うのは難しいのです。
そんな中、春分の日に全員が揃ってホイケ前のミーティングや練習が出来たことに個人的に大きな感動がありました。

春分の日はwikiによると
「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」ことを趣旨としている。

とあります。
太陽が真東から登り真西に沈み、昼と夜がほぼ同じ長さになる春分は本来は五穀豊穣を祈ったり、先祖に感謝したりと特別な日だったようですね。

日本ではあらゆる自然を神聖なものとして扱ってきた歴史がありますが、フラを始めるとハワイも同じような歴史があるな〜と感じます。

特に太陽はクムのハラウのシンボルマークに使われていたり、私たちHo'oulu I Ka Mehana O Ka Hulaのハラウ名の意味にも含まれていたりでとても強い縁を感じているので、太陽と結びつきの強い春分の日に皆が揃ってホイケに向けて結束を深めることが出来て、この日がホイケの先ずっと繋がっている道のはじまりのような気がしました。

実際のこの日はみんなでホイケのシュミレーション!
時間を計りながらメイクをさりヘアセットをしたり、ドレスに着替えたり、衣装チェンジをしたり、ドタバタと楽しみました♡
これで本番もきっと大丈夫。
笑顔で太陽パワーを会場いっぱいに届けることができますように!

Ho'oulu I Ka Mehana O Ka Hula

大阪は池田市、豊中市にあるフラ教室です。

0コメント

  • 1000 / 1000