気持ちを新たに

ハッピースポット(レフアクラス)のみゆきです。

今週は私の都合でいつものレフアクラスをお休みしてプルメリアクラスにお邪魔しました。

4月1日のHo'ikeで歌う曲の歌詞が書かれたプリントが配られました。
どんどんHo'ikeが迫ってくる〜(笑)

Nani Koolauのレッスンでは基本に戻って曲ではなくカウントで練習しました。
ゆっくりカウントをとっていくと自分がいかにいい加減に体を動かしていたかが分かりますね。
「一曲通して踊れるようになった〜!わ〜い!!」なんて思っていましたが、やっとスタートラインに立った所でした。。。

先日のHula Cafeで先生がお客様にHulaはハワイアンが文字を持たなかった時代に大切なことを伝承するための踊りでKahiko(カヒコ)古典フラと今日お見せするAuana(アウアナ)現代フラがあって、Auanaでも手の動きが手話のように意味のある動きになっています。といった紹介をしていました。

そう、ちゃんと意味があるのです。
場合によっては手の角度や広げ方、動かし方などちょっと違うだけで海と山、大きな波と小さな波、現在過去未来などなど意味が全く違うものになってしまうことだってあります。

特にこのNani koolauの出だしはKahikoの要素が強い曲だそうで、観ていただくお客様に美しいコオラル山脈をお伝えできたら。。。
そんな想いで改めて顔や体の向き、手の角度、重心のかかる方、'aiha'a、iluna、ひとつひとつ確認をしてクラスは違ってもHo'oulu(以下略)のみんなが同じ角度、方向を向いて同じように動けるようにレッスンしました。

何年も習っている方のようには踊れなくても手の角度や体の向きだけでもみんなと同じように動けるように、出だしのコオラル山脈をビシッときめれるように頑張るぞ!

そしてククイクラスの方が来てからみんなで輪になって最近アポロのクラスに入った方のお土産の八つ橋をいただきました。
八つ橋大好き!
ありがとうございました♡

Ho'oulu I Ka Mehana O Ka Hulaではまだまだ仲間募集中です。
初心者の方でも先生が基本のステップを丁寧に教えてくれますよ〜。
まずは体験会からでも遊びにいらしてくださいね。
お待ちしています!








Ho'oulu I Ka Mehana O Ka Hula

大阪は池田市、豊中市にあるフラ教室です。

0コメント

  • 1000 / 1000